html site templates

相手にされてない人と仲良くなる方法


とっても気になる人なのに、口もきいてくれないこの距離感。仲良くなんてなれるの?

口をきいてくれない相手
 
これはある営業マンのお話です。
 
彼は会社の営業車であちこち行くことが頻繁にあります。
会社が入ってるビルには駐車場がなく、近所に駐車場を借りているそうです。
 
その駐車場の隣は民家で、低い塀の向こうの庭によくおばあさんが座っています。
彼は駐車場に来た時に隣の庭におばあさんがいて、目が合ったら会釈くらいはしています。
おばあさんは特に反応を返さない不愛想な人だったのですが、それは気にしてませんでした。
 
彼は営業マンです。
 
彼は営業の勉強と経験を積む過程で、ある一つの目標を立てました。
駐車場のおばあさんと仲良くなろう。
 
自分は営業マンだ。お客さんにだってあのくらい不愛想な人は多いだろう。
それくらい出来なくて、これから営業マンとしてやっていけるだろうか。
 
彼は次の日から駐車場のおばあさんに会ったら、こうすることにしました。
Mobirise
明るく爽やかに
 
「こんにちは!」
 
これだけです。
当然のことながら、おばあさんは特に反応を返しません。
 
それでも構わないのです。
それから、彼は駐車場でおばあさんと会う度に「こんにちは!」と挨拶をしました。
挨拶をしても、おばあさんは反応してくれません。
 
演劇の役者のように
 
そうです。あたかも舞台で演じる役者のように、おばあさんの反応がなくてもいつも明るく挨拶を続けました。
話しても無視される。これが繰り返されるのは、結構メンタル的にきつい事です。
それでも修行がごとくに彼は毎回挨拶を繰り返しましました。
 
わずかな変化が
 
もうどのくらいの日がたったのでしょう。いつものように彼が挨拶をしたときに、おばあさんにわずかな変化が現れました。なにか小声で口ごもっている様子ででした。小声過ぎて聞き取れませんでした。
それ以降、彼が挨拶をするとなにか声を出している様子です。
彼はそれまで通り、毎回明るく挨拶を続けました。
 
そのうち、おばあさんが返事を返してくれるようになりました。
「こんにちは!」「あぁ」
 
一言コミュニケーション
 
すると彼は、あいさつの後に一言付け加えるようにしました。
「こんにちは!今日は暑いですね」「あぁ」
 
しばらくすると、彼にとって劇的な変化が起きたのです。
 
「調子どうなの」
 
おばあさんの方から話題を振ってくれたのです!
 
今では
 
今では、駐車場では彼とおばあさんは井戸端会議をすることもしばしばとなりました。
 
この話のポイント
 
思い返してみると、会釈だけしてる関係だった2人が、彼の行動によって変化したのです。
変化を起こそうとした場合、最初はなかなか動きがありません。ですが、ある程度変化が進むとそれ以降は急激に変化していくのです。
そこまで持っていけるのか、忍耐力が試されるという事です。
 
あなたが普段気になってる相手、このお話と重ね合わせてみてくださいね♪
 
(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

恋は自分本位・愛は相手本位
Love is self-centered, love is opponent-oriented.



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved